• ホーム
  • 生理中はデリケート、性行為で性病になる確率を上げる

生理中はデリケート、性行為で性病になる確率を上げる

生理中の性行為と性病の関係について、間違った知識を持っている人は少なくありません。コンドームを使用せず生理中の女性と性交渉を行うと、性感染症にかかる可能性が高いと認識している人もいますが、これは間違いです。たしかにその時はデリケートであるため、性行為で性病になる可能性が高いですが、どちらも菌を保有していないのに突然性感染症に感染してしまうということはほとんどないです。可能性としては免疫力の低下した女性がカンジダに自己感染するということがあります。ただし、生理中にコンドームなしで性交渉をしても突然感染することはほとんどありませんが、男性が菌を保有している場合は女性に移りやすくなってしまうでしょう。

生理中はどうしても細菌が繁殖しやすくなってしまいます。いくら清潔であるように心がけていたとしても、細菌が繁殖しやすいことは避けようがありません。そのような状況の中で避妊具を用いずに性行為を行ってしまうと、性病が移りやすいと言えます。性感染症となってしまうと、病気の種類によって具体的な症状は異なりますが膣炎が起こったり、性器に異変が生じたりします。このときに移ってしまうと症状が悪化しやすく、強い痛みのある膣炎になってしまったり、性器の炎症がひどくなってしまったりする可能性もあるのです。

また、生理中に性感染症の疑いがあったとしても、性病であるかどうかのチェックを受けることが困難です。血液検査のみのHIV検査であれば行うことができますが、その他の病気は膣分泌物の採取を必要とすることがあるので、正確な診断を行うことができなくなります。月経時に違和感を覚えてもすぐに検査することができず、不安な時間を過ごすことになりかねないのです。

そもそも、性病を予防するためには、コンドームの使用を徹底するということが大切ですが、それはどのようなときでも同じだと言えます。なかには生理中だから妊娠の確率が低いだろうという理由で、避妊具なしで挿入したいと考えるカップルもいますが、お互い性病が移りやすくなってしまう危険があるのです。パートナーのことを大切に思うのであれば性行為時のコンドームの使用は必須だと言えるでしょう。また、生理中の膣内はデリケートですので、性交渉によって膣炎が生じてもおかしくありません。性感染症が原因ではない炎症であったとしても、身体の免疫力が低下することで、カンジダに自己感染する可能性もあります。

生理中の女性の身体はとてもデリケートです。もしも性行為をしたいと感じても避妊具を使用しない行為や、体調が悪いときに行うことはおすすめできません。どうしても生理中に性交渉を行いたいというのであれば、挿入時にはコンドームの着用を徹底し、できることならオーラルセックスの際も避妊具を用いるようにしてください。些細なきっかけで性感染症を引き起こしてしまう可能性がありますので、注意しすぎるくらいでちょうど良いでしょう。