• ホーム
  • 抵抗力が下がっているときに悪さをするカンジダ菌

抵抗力が下がっているときに悪さをするカンジダ菌

落ち込んでいる男性

カンジダは性別に関係なく発症する可能性のある性感染症で、コンドームを使用しない性交渉によって移ることもありますが、もともと人の体内にある菌なので、他のSTDとは少し性質が違っていると言えます。
特に抵抗力や免疫力が低下しているときに発症するリスクが高まります。
女性に多い病気だと言えますが、包茎の男性でも感染の報告が多い病気だと言えるでしょう。

カンジダ菌はカビの一種であり、性行為による感染もあれば自己感染するケースもあります。
膣内や腸管に保有していることが多い菌であり、体調を崩すなどのきっかけがあると、症状を引き起こしてしまうのです。
もちろん症状があるときにコンドームなしで性行為を行うとパートナーに移してしまう可能性があります。
カップルのうちどちらか一方が感染しているのであれば、移ってしまう可能性があるということを認識しておかなければならないでしょう。

男性の場合は亀頭にカンジダ菌が付着して、不衛生な状態が続くと炎症が生じます。
炎症が起こると亀頭をかゆいと感じたりただれが生じたりし、小さな水疱があらわれることもあります。
亀頭に白いカスが付着するようになるケースもありますし、人によっては尿道炎を起こしてしまうこともあるのです。
男性の場合はパートナーとの性交渉以外に、包茎や糖尿病、ステロイド剤の投与が原因で症状があらわれることもあります。

女性の場合、カンジダはもともと膣に存在することが多い菌なので、症状が膣や外陰部にあらわれることが多いと言えるでしょう。
これらの場所がかゆい状態が続いたり、性器が炎症を起こしたりすることが多いです。
それだけではなく、ヨーグルト状のおりものの分泌が増加したり、上手く排尿することができなくなったり、性交の際に痛みを感じるようになったりするケースがあります。
風邪や疲労、ストレスによって抵抗力が低くなっているときに発症してしまうことも多いですし、ステロイド剤の使用や抗生物質の濫用、妊娠などで症状があらわれることもあるのです。
再発を繰り返すこともあり、そうなるとなかなか治らず大変な思いをすることになります。

カンジダはケトコナゾールによって治療することができ、ケトコナゾールは真菌薬のひとつです。
ケトコナゾールを服用すると、カンジダの症状を抑えることができるようになります。
特に女性はおりものの増加、排尿や性交の際に痛みを感じることが多いので、早期発見し治療していくことが大切ですし、抵抗力が弱まらないように免疫力をアップさせることも大切です。
カンジダの治療に効果的なケトコナゾールを使用することによって、再発を防ぎ、症状が抑えられるようにしましょう。
もちろん性別に関係なく使用することは可能ですが、他の薬を服用している場合や妊娠している場合は使用できないこともありますので、自分が使用しても大丈夫なのか、効果が得られるのかどうか、あらかじめ調べるようにしてください。