• ホーム
  • 再発しやすいコンジローマはセルフチェックで見つけよう

再発しやすいコンジローマはセルフチェックで見つけよう

知っておくべき性感染症のひとつとして、コンジローマがあります。主な症状は性器にイボができるというものであり、再発することが多いという特徴があるのです。正しい知識を持っていないと、子宮がんの原因となるウイルスだという勘違いをしてしまう人が多いのですが、実際は子宮がんの原因となる高リスク型HPVとは異なる型の低リスク型HPVであるということを知っておきましょう。

再発しやすいコンジローマは簡単な感染経路で移ってしまうので、注意しておくことが大切だと言えます。コンドームを使用しない挿入や肛門性交、オーラルセックスによって、ウイルスが皮膚や粘膜の傷口から感染するのです。パートナーとの性交渉以外にも性風俗の利用によって感染することがあるので注意してください。これは、男女ともに感染するおそれのある性感染症であり、その症状も性別に関係なく同じようなものがあらわれます。

コンジローマになると、薄ピンク色や茶色のイボができ、その形はニワトリのトサカやカリフラワー、お椀などに似ているので、イボができた際には色や形をチェックしてみると良いでしょう。性器のあらゆる場所に症状があらわれるため、男性であれば陰茎や亀頭、包皮の内側や陰のうに症状があらわれ、女性の場合は大小陰唇や膣前庭、膣や子宮頚部にあらわれます。他にも肛門内や肛門周辺、尿道の入り口付近にイボができるケースもあります。コンジローマが進行すると、すでにできているイボが徐々に大きくなり、その数も増えていくので注意してください。

他の性感染症と異なって、コンジローマは目視で感染を確認しやすい病気であると言えます。実際、病院で診察するときもわざわざ検査を行わず、視診で診断されることが多いのです。そのため、コンジローマはセルフチェックしやすい性感染症だと言うことができます。イボの色や形などからコンジローマに感染しているかどうかセルフチェックを行うことができるので、診断してみましょう。

コンジローマは比較的早い段階でセルフチェックにより自覚することができます。もしも感染している可能性が高いとわかれば、すぐに病院を受診するようにしましょう。イボは数が増えたり肥大化したりすると、治療が大変となります。場合によっては手術して取り除くことが必要ですが、すべてのイボを取り除くことは困難ですし、なくなったと思っても再発する可能性があるのです。

コンジローマは性病のなかでも、再発しやすいもののひとつだと言うことができるでしょう。早期発見や早期治療が重要ですので、性器に異変を感じた場合はセルフチェックを行うようにしてください。セルフチェックの結果、性感染症の可能性があると判断されれば、医療機関を受診して投薬や手術など、医師の指示に従って治療を進めていくようにしなければなりません。自分で正しくチェックすることができるように、症状についてきちんと把握しておくようにしましょう。