• ホーム
  • 不妊症の原因にも、クラミジアにはジスマロック

不妊症の原因にも、クラミジアにはジスマロック

困っている男性

性感染症は不妊症の原因となってしまうケースもあります。日本国内の感染者数が40万人以上だと言われているクラミジアは最も一般的な性感染症のひとつであり、治療せずに放置しておくことで不妊症を引き起こすことがあるのです。自覚症状があらわれたらすぐに薬を飲めば良いと思っている人もいるかもしれませんが、クラミジアの怖いところはほとんどの人が症状を感じないという点にあります。特徴や不妊症を引き起こす理由、治療薬について知っておくようにしましょう。

クラミジア・トラコマティスが原因となって発症するクラミジアは、コンドームなしの性交や肛門での性交、オーラルセックスによって感染します。男女とも性器に症状があらわれるだけではなく、喉に感染してしまうこともあるので注意が必要だと言えます。特に性風俗の利用で男性が感染してしまうことが多く、その状態でパートナーと性交渉を行うと女性もクラミジアを発症してしまい、感染したことに気づかなければ不妊症となってしまうでしょう。

男性の場合は、尿道のかゆみや排尿時の軽い痛み、尿道から透明な膿のようなものが排出されるなどの症状があります。女性の場合はおりものが増加したり、不正出血が起こったりするという特徴があるのです。おりものが黄緑色に変化するというケースもあるので、黄緑色のおりものが増加したらクラミジアを疑ってみると良いでしょう。ただし、男性も女性もこれらの症状は性感染症のなかでも軽いほうなので、病気になっているという実感がないことが多いです。もしも病気であることに気づくことができなければ、不妊症となってしまいます。

男性がクラミジアを放置してしまうと尿道が炎症を起こすだけでなく、精巣上体炎まで起こり、最終的には無精子症を引き起こしてしまう可能性があるのです。女性の場合は卵管に炎症が起こることで卵管が癒着し、不妊症となってしまうことがあります。これら以外にも子宮外妊娠や出産の際に赤ちゃんが病気になる原因ともなり得るので、感染したことがわかったら早急に治療を行う必要があるのです。

クラミジアにはジスロマックが効果的だと言えます。ジスロマックはこういった治療に最も高い効果を発揮すると言われている治療薬のひとつであり、男女ともに利用することが可能です。体調の変化などにより性感染症であることが発覚したら、ジスロマックを手に入れることがおすすめだと言えます。クラミジアは他の性感染症も併発しやすいですが、淋病など他の病気にも効果がある薬なので、ジスロマックの服用で複数の性感染症の治療に役立てることができるでしょう。

ジスロマックはアジスロマイシンを主成分とする抗生物質で、通信販売サイトで購入することができます。性感染症の治療で利用されているポピュラーな薬だということができるので、はじめて利用する人でも安心して使うことができるでしょう。性病を放置しておくと不妊症になりかねませんので、早期発見しジスロマックで治療するようにしてください。