病原体

性交渉をするパートナーはいるけれど、性病についての基礎知識はあまり持っていないという人は多いものです。
自分は性感染症と無関係だと考えている人は少なくありませんが、実際のところ性行為を行ったことがある人であれば、年齢や性別に関係なく性感染症になってしまう可能性があります。
また、これまで感染したことがなかったとしても、これから先に性感染症となってしまう可能性は大いにあるのです。
性行為を行ったことがある人やこれから行う予定がある人は、性病に関する正しい知識を持っておく必要があります。
正しい基礎知識を身につけていれば、性感染症を予防するための対策をとることができますし、もしも性交渉によって病気にかかったとしても、適切な行動をとることができるでしょう。

性病にかかってしまった場合、症状治療についての知識を持っているのであれば、適切な行動を起こすことができますが、そうでなければ病気を放置してしまったり、間違った行動をしてしまったりする可能性があります。
そうならないためにも、自分はもちろんですがパートナーも一緒に性感染症について知っておく必要があると言えるでしょう。
近年は恋愛に対して消極的な若者が増えていると言われているため、その結果として性感染症も減少傾向にあると勘違いしている人もいますが、実際は性行為によって病気になっている人の数は減少していません。
寧ろ、低年齢での性交渉や性風俗でのサービスを利用する人の増加により、病気の種類によっては感染者数が増加傾向にあるということもできます。
自分たちも感染してしまわないように、症状や治療法をはじめとした情報について勉強しておく必要があるでしょう。

性行為によって感染する病気の総称をSTDと言いますが、STDはたくさんの種類があり、病気によって感染経路や具体的な症状、治療法などが異なります。
感染経路はコンドームなしでの挿入だけではなく、肛門性交やオーラルセックスによる場合もあれば、病気の種類によっては性交渉がなくても移ってしまう場合もあるのです。
症状に関しては軽いものもあれば激しい痛みを伴うものがあったり、同じ病気でも男女や感染した部位で差があったりします。
治療は大抵の場合、薬の服用によって行われますが、妊婦さんの性感染症など特別な場合は、異なる治療や対策が必要となることもあるのです。

困ったことに、STDのなかには感染しても、その事実を自覚することができないという無症状のものがあります。
性器のかゆみや痛みが少なかったり、症状があらわれたとしても数日後には治ったりする病気もあるため、病気になってしまったことに気づくことができない人も少なくありません。
ですが、基礎的な知識を持っておけば、ちょっとした異変や違和感であったとしても、もしかしたらSTDかもしれないと判断することができるでしょう。
自覚できない無症状のものを気づかずに放置してしまうと、後から重症化して重い病気になってしまったり、知らず知らずのうちにパートナーにまで移してしまったりするので、早期発見できるように勉強しておかなければなりません。

性病についての情報は誰かが詳しく教えてくれるわけではないので、自分で率先して学ばなければ、万が一の場合に役立てることができる知識を学ぶことができないでしょう。
病気の種類に応じた症状や治療などの情報を知っておけば、いざというときに正しい行動をとることができるはずです。
大切なパートナーに性病を移してしまうことがないようにするためや、パートナーから性病を移されてしまったときにふたりで検査や治療を行うことができるように、しっかりと学んでおきましょう。

記事一覧
性病の性行為以外の感染経路 2019年12月11日

性病という名前がついているくらいですから、性行為だけが理由で感染してしまうものだと思っている人もいるかもしれません。けれども実際のところは、いくつかの病気の感染経路は性交渉以外にもあるということができます。なんと温泉や銭湯、プールなどを利用するときに、ごく稀に性病が移ってしまうことがあるのです。これ...

通販で性病に効く医薬品が買える時代 2019年09月02日

検査によって性感染症であると判断された場合、症状を悪化させないためにも、すぐに治療しなければなりません。基本的には病院を受診して薬を処方してもらうのですが、どうしても医療機関に行きたくないという場合は、他の方法で治療薬を手に入れることができます。近年では通販サイトを利用すれば海外から輸入した、性病を...

不妊症の原因にも、クラミジアにはジスマロック 2019年10月07日

性感染症は不妊症の原因となってしまうケースもあります。日本国内の感染者数が40万人以上だと言われているクラミジアは最も一般的な性感染症のひとつであり、治療せずに放置しておくことで不妊症を引き起こすことがあるのです。自覚症状があらわれたらすぐに薬を飲めば良いと思っている人もいるかもしれませんが、クラミ...

再発しやすいコンジローマはセルフチェックで見つけよう 2019年11月12日

知っておくべき性感染症のひとつとして、コンジローマがあります。主な症状は性器にイボができるというものであり、再発することが多いという特徴があるのです。正しい知識を持っていないと、子宮がんの原因となるウイルスだという勘違いをしてしまう人が多いのですが、実際は子宮がんの原因となる高リスク型HPVとは異な...

HIVに感染してしまったら早期発見が大事 2019年10月27日

HIVやエイズに関する間違った知識を持っている人は非常に多く、症状や感染経路、予防法などについて勘違いをしている人はとても多いと言えます。たとえば感染者の涙に触れても移りませんが、エイズが移ると勘違いしている人は少なくないと言えるのです。また、HIV感染症が進行することでエイズとなりますが、このふた...

抵抗力が下がっているときに悪さをするカンジダ菌 2019年09月19日

カンジダは性別に関係なく発症する可能性のある性感染症で、コンドームを使用しない性交渉によって移ることもありますが、もともと人の体内にある菌なので、他のSTDとは少し性質が違っていると言えます。特に抵抗力や免疫力が低下しているときに発症するリスクが高まります。女性に多い病気だと言えますが、包茎の男性で...

家でも簡単に出来る性病検査 2019年08月19日

性病にまつわる基礎知識として知っておくべきことのひとつに、性感染症の検査があります。もしかしたら性感染症にかかってしまったかもしれないと感じたら早急に性病かどうかのチェックを行うことが必要ですし、自分が陽性であるとわかった場合はパートナーにも性病検査を行ってもらわなければならないでしょう。しかしなが...